隠れ家的ゲーム業界交流会(ボドゲ、ボルダリング、飲み会)

アナログゲームを作りたい人(カードゲームやボードゲームなど)に、デジタルゲーム制作の経験を伝えたいし、自分もアナログゲームを作成中!ゲーム会は(日本製や同人)もっぱら渋谷!

記事一覧(13)

■■ボードゲームとの出会い

20歳からコンシューマゲームので開発会社に勤めていました。今でいうデベロッパーですね。同じタイトルのシリーズものを5年近く開発に携わらせてもらいました。まだ若かったということもあり5年近く働いたこともあり新しい体験を求め、自己啓発セミナーに参加する様になりました。その当時はセミナーというのはあまりなく、自分はとある本を読んで自分のやりたいことってなんだろうと模索する様になりました。セミナーのワークで今までにない価値を、自分にしかできないことってなんだろうって考える様になりました。ワークをしていく過程で自分の持っている組み合わせでゲームと自己啓発を組み合わせてみるとどうなるかと思う様になりました。その当時金持ち父さん貧乏父さんという本が流行り、ボードゲームもありました。それをきっかけに自分もボードゲームで作れたら、自分のやりたいことが実現できるのではないかと思う様になりました。そこから年月が過ぎ30代になります。知り合いにボードゲームに詳しい人と知り合いになり、色々ゲームを体験していく様になったのです。昔からボードゲームに詳しかったわけではありませんが、子供の頃自作で作ったすごろくで父親と勝負したりした思い出がある自分にとっては、ボードゲームは切っても切り離せない存在かなと思ったりもして、ドンドンはまっていきました。そして今に至るわけです(笑)最近覚えても楽しめるボードゲームオススメです。--------------------------編集後記--------------------------最近ゲーム開催ができていませんでした。他の業務が忙しく気持ちがついていけなかったのが一番の理由です。今月から時間を調整して自分の時間を作れる様になりました。それに合わせて自分の作ってみたいゲームを開発を始めました。ご期待ください。ゲーム会を開いております。ゲーム会の模様やゲーム会の開催情報などを書いていきます!ご要望があれば、ゲーム開発時の体験談なども書かせて頂こうかと思っています。

いちゅうのひと?│合コン・婚活カードゲーム

本日のゲームマーケットに出品した「いちゅうのひと?」が無事リリースされました。今回のモチーフは婚活です。一般的なカードゲームでは「マッチング」や「恋愛」と言ったモチーフを扱った作品は多いですが、自分が遊んでみるとしっくりきませんでした。それは自分が求めているものと違うんだなと気づきました。一般的な恋愛ゲームはストーリーや世界観を楽しむ物のですが、自分が求めているのはプレイヤーが入り込める感覚。今回目指したのは婚活パーティーをしているさまを表現できるようにゲームデザインし、はたから見ると本当に「恋愛トークを大胆にも話している?」と思わせられるように心掛けました。偉そうなことを書いている作者ではありますが、いまだに独身です。既にアラフォーなんですがwwwもし作者の知り合いがこの作品をみたら、遂に「こじらせた」なと思うかもしれませんwwwwただ、そんな自分だからこそ作れるものがあるのではないかと思う部分もあり、恋愛の壁を打破するためにいろいろな書物やwebサイト、セミナーで勉強したり、実際に婚活パーティなどを参加してみて凝縮した物をゲームに落としこんだと思っています。今回のカードで使われた回答以外で、こんなことが言われたら嬉しいなど意見がありましたら教えてくださいね。